FXの税金対策としてやったこと

FXの税金対策として法人化をしました。
個人でも昨年から損益通算が3年認められたのですが、FXで大負けすると2、3年は立ち直れないので9年損益通算できる法人の方がリベンジの機会があると思ったからです。
法人化すると1年目はいいのですが、期末が終わり税務署から税金関係の書類がくるとあわてました。
一人で申告できるかと思ったのですが、結局税理士にアウトソースしました。
法人化のための司法書士や、税務関係の税理士を使うのも会社の経費でできるのはいいところです。
1年目は270万くらい儲けたのですが、司法書士、税理士の報酬とか、いろいろな領収書をかき集めて必要経費として処理してもらって結局180万の利益になりました。
それでも税金は3割ですから50万くらいかかりました。
最初から税理士さんに相談して節税をしていたら配偶者に給与払いなどで払ってしまって節税できたのにと思いました。
税金50万税理士さんに報酬で18万とか、さらに半年後に次の期の分を半納で25万とか、どんどんお金が出ていくのが困りました。
税務対策はしっかりしないといけないのが教訓です。

Posted in 税金対策とは