FXの税金対策として重視していること

FXをすると税金がかかります。
個人では20万以上の収入があると雑所得扱いで、その他の収入に合算して税金がかかって来るので、一番の対策は年間20万以下の儲けで妥協することです。
しかし、うっかり20万以上儲けてしまうこともあります。
そうなればいかに経費を認めてもらうかにかかります。
パソコンの購入代、電気代、インターネット接続代、FXの書籍代、セミナー代、セミナーに通った交通費などです。
私が確定申告に行ったときは電気代やインターネット接続代は半分まで認めてくれましたが、これはFX専用に使っているのだと主張して少しでも多く認めてもらったらいいと思います。
他に法人化をするという手もあります。
年間100万円以上稼ぐ自信のある人は法人化を検討してもいいと思います。
経費として使える幅がぐっと広がる反面、稼いだお金は法人のものですから自由に使えなくはなります。
しっかり経理をして、申告も税理士を使うことになります。
稼ぐ自身のある人は法人化、手段として考えていたらいいでしょう。

Posted in 税金対策とは