少ない資金で投資できるFXのメリットについて

FXのメリットといえば、少ない証拠金で大きなポジションを持てるレバレッジをあげられます。
株式取引でレバレッジをかけて勝負しようとすると、信用取引になります。
最低30万円からの証拠金が必要、およそ3倍までのレバレッジです。
それに比べたら個人で25倍までレバレッジをかけられ、証拠金もだいたい1万円から始められるのはFXのメリットと言えます。
法人化して口座をもてばレバレッジ規制はもっとゆるくなり、レバレッジ300等もできます。
これなら自己資金の300倍もの取引ができ大きな勝負ができます。
また売りでも買いでも、つまり円高になっても円安になっても儲けるチャンスがあります。
これも株式取引と比較すると、株の現物取引では株価が上昇するときしか儲けるチャンスがないのに比べ、FXの方がメリットがあります。
高金利通貨のスワップがほぼ毎日もらえるのもメリットの一つです。
たとえば豪ドル円を買いで10万通貨単位ポジションを持つと、業者にもよりますが1日650円程度入ります。
これは日豪の金利差を反映している利子のようなもので、ほぼ毎日入ります。
株式取引の場合は権利付最終日の1日だけ持ち越せば配当が入るのですが、その日は株価が上昇して、翌日の権利落ち日には下がってしまうということがあります。
その点FXのスワップはほぼ毎日はいるので、高金利通貨が値下がりしたときに大きくポジションをとり、じっくりとスワップポイントがたまるのを待つのも楽しみの一つです。

Posted in メリットを知る