専門用語が多すぎる

私がFX取引を始めたきっかけは、知人に勧められたという単純な理由です。
その知人はFXで家を変えるくらい儲かったという奇跡の人で
やり方を教えてもらって私も始めることにしたのです。
ところがFXをいざ始めてみると、その専門用語の多さに驚きました。
しかもその用語は今までで一度も耳にした事のないような
わけのわからない用語ばかりなのです。
私はFXについて全くの無知だったため、FXを始めるにあたってまずは勉強から始まりました。
とはいえ、昔から成績は良くない方だった私が、FXを理解するには相当な時間がかかりました。
しかも為替市場にも全く興味がなかったので、お金のためとはいえ勉強は全然はかどりませんでした。
毎日毎日時間を取れればよかったのですが、
仕事の手が空いた時にちょこちょことやっていたので、余計に頭に入ってこなかったのでした。
結局勧められてから、何とか始められるようになるまで半年もかかっってしまいました。
でも、本当にそれくらいFXには様々な専門用語や取引方法があるのです。
それ以外にも過去のデータの読み方やチャートの見方など、覚えることは山積みでした。
ちょっとややこしくしすぎなんじゃないかと、取引を開始している今でも思っています。
それがFXのデメリットとも言えますね。
でもその困難を乗り越えた今、取引を開始して順調に成果を上げています。
あの時の苦労は無駄じゃなかったと実感しているので、内容がややこしくて諦めようとしている人がいたら
絶対がんばって乗り越えた方がいいと思います。

Posted in FXとは