FX取引は、二ヶ国通貨の取引です。

私の周りでFX取引を始めている人、だんだん増えて来ているのです。
特にここ半年も経たないうちに、数人の仲間が出来てしまいました。
彼らがこのFX取引を始めるきっかけになったのは、政権交代といいます。
と言うのも、政権交代が起きる可能性が大きくなったので、今円が安くなる可能性が大きいので、ドルを買っておくと利益が出るようになると言うのです。
私もそのように思っていましたので、少ない小遣いからドルを買っておいたのです。
また円を売る用意もしておきました。
するとどうでしょう。
政権交代が迫った段階ですでに、円安になっていたではないですか。
これは旨く行くと思い、円を売る算段をしたのです。
おかげさまで、今回の円安・ドル高は、私たち素人でも旨く切り抜けることが出来たのです。
このように二ヶ国間の通貨を売買することで、利益をだすことをFX取引と考えてよいと思うのです。
このFX取引は、外国為替証拠金取引と言い、証券会社への口座を作っておくことで取引が可能になるのです。
大きく求めたい時は、レバレッジなる方法もあるのですが、失敗したのしっぺ返しも相当な額になります。
余程自信のある時以外は、注意しながらの取引になるのではないでしょうか。
この二ヵ国間の通貨と言うと円とドルであったり、円とユーロ、ユーロとドルと言うように身近なお金が動くのです。
ですから情報も入って来易く、確実な方法も取ることが出気ると言われているのでした。
今回の円安でも、相当利益を出し方いるようです。

Posted in FXとは